アイテム紹介 タンクトップ ファッション講義

タンクトップを年中使える着こなしを伝授する!!

更新日:

タンクトップはお好きですか?

 

 

塾生のみなさんには「大好きです!今度は嘘じゃないっす!」とこの講義を聞いて頂いたあと力強く言って頂きたいものです。

 

今のやり取りはおなじみスラムダンクの一コマですが、奇しくも同漫画の主人公である桜木花道はタンクトップをよく着ていた記憶があります。

 

みなさんはタンクトップをマッチョな人しか着ないアイテムだとおもっていませんか?

実はわたしもかつてはそう思っていました。ご存知のように色白なわたしは肌の露出が増えるタンクトップを毛嫌いしておりました。

自分には縁のないアイテムであると。「なにがタンクトップだ!ランニングってい名前じゃないのか!」と。

 

しかし、そんなマッチョ御用達アイテムであったタンクトップですが、実は私が20代前半から半ばころに一般体型層へのブームが来たのです。

なんと巷にはマッチョではなくごく普通体型や細身の人達がタンクトップをメインとして着こなしていたのです。

店頭にも多種多様なタンクトップが並んでいたのを鮮明に覚えております。

 

着こなしとしては、タンクトップの上にテーラードジャケットや、タンクトップの2枚重ね着、挙句の果てにはタンクトップの上にストールを巻くなどという季節不明コーデ等が跋扈しておったわけであります(※男性がですよ!)。

書いていて思い出したんですが、そういえば夏場にストールを巻くというブームもありましたね。

ちなみにわたしも一度だけですが、真夏の熱帯夜にTシャツ&ストールを首にふわっと巻き付けたコーデで20人ほどの友人だけでやった花火大会に参加したことがあります。

あきらかにTPOを無視した異端児スタイルを思いだすと、今でも顔から火が出そうなくらい恥ずかしいです。

これも黒歴史というやつです。

他の参加者の目にわたしはどう映っていたのでしょうか・・。

 

話は戻りますがその頃、わたしがやっていた着方はタンクトップの上にメッシュ素材のタンクトップを着て中のタンクトップが透けてみえるようにしたり、肩紐をずらしてまたまた中のタンクトップをみえるようにしたりしていました。

・・ですが、ほどなくしてタンクトップブームは落ち着き、今現在はオシャレさんでもタンクトップのみを着ている人は見かけなくなりましたね。

しかし、タンクトップは表ではなく裏では脈々と受け継がれており、毎シーズンタンクトップは出しているブランドもあります。

 

そこで、塾生のみなさんにはタンクトップの活用法についてご説明していきたいと思います。

単刀直入に申し上げますと、タンクトップをメインにもってくるのではなく脇にもってくる。

つまりインナーとして使うわけですね。

何かの間違いで主演に抜擢された脇役俳優をまた脇役に戻すという感じでしょうか。

やはり脇役は脇でこそ光るものなのです。

タンクトップには名バイプレーヤーとして頑張って頂きましょう。

 

基本的にタンクトップは年中着ることができます。夏だけではありません。

 

そこがTUBEとはちがう所です!!。

 

まずTシャツ等のインナーとしてタンクトップの裾の部分をTシャツの下から数センチほどちら見せします。

当然Tシャツとの色は基本的に異なるようにしてくださいね。これで色を一つ足すことができます。

例えば↓のようにグレーのTシャツと黒のズボンでしたらその間の色である白のタンクトップは愛称がいいですよね。黒と白の間のつなぎの役割を果たすわけです。

画像が汚い点については申し訳ございません。

Tシャツとタンクトップの色を逆にしてもよさげです。

黒Tシャツ、白タンクトップ、グレーズボンでもオッケーです。

こんな感じです↓

 

他にも赤Tシャツ、白タンクトップ、ベージュのパンツの暖色系の組み合わせもオシャレですよね。

ちょうどグラデーションのような感じになりますので自然です。

ただ、明らかに浮くようなカラーを禁物ですよ~。

基本的にタンクトップのカラーは白黒グレーさえあればいいかと思います。

そして白がやはり万能でしょうか。

ちなみにタンクトップの裾部分が丸くなっているラウンド型があるんですが、これこそまさにチラ見せように作られていますので重ね着がし易いですよね。

Tシャツとズボンだけのスタイルにスパイスを加えてくれるわけです。

 

さらにTシャツ以外のボタンシャツのインナーとしても有用ですよ。

Tシャツを中に挟むより袖がないぶん肩のあたりがストレスフリーです。

ただ、脇のケアだけはしっかりしておきましょうね。

また、タンクトップをインナーとして着ることによってTシャツの劣化を遅らせたり、乳首の透けを防止するというメリットもありますので一石三鳥ものではありませんか?

 

加えて、冬場でも一番中のインナーとして着ておくと正面からの寒風などに対していくらかマシになります。

私は普段スーツで、冬場は、中から順にタンクトップ、半袖Tシャツ、ヒートテック、シャツ、ベスト、ジャケット、コートとなんと7枚の重ね着を完成させ防寒対策をしておりました。

どうですか?結構タンクトップは使えるでしょ?

ぜひみなさんもタンクトップを使っていただければと思います。

 

 

 

日本ブログ村記事下

にほんブログ村 ファッションブログへ

↑ポチっとして頂けると幸いです↑

-アイテム紹介, タンクトップ, ファッション講義

Copyright© まったりメンズファッション塾!! , 2018 All Rights Reserved.